follow us

  • 資料請求資料請求資料請求
  • お問い合わせお問い合わせお問い合わせ
Pagetop

LINEお問い合わせ

concept

不動産へのこだわり

「家づくり」から「まちづくり」へ。

じぶんたちの家、じぶんたちの庭、それだけがどんなに素晴らしくても、本当の意味での豊かな暮らしは得られないのではと考え、まちづくりから理想の住まいづくりをご提案したいと考えました。
街並みの美しさ、ご近所とのコミュニティを大切に考えたまちづくり。
そんな想いに共感できる人々が集い、暮らすまち。そんなまちを作りたいとわたしたちは考えました。

greenvillage WAKASUGI

グリーンヴィレッジ若杉

グリーンヴィレッジ若杉
「家づくり」から「まちづくり」へ。

グリーンヴィレッジ若杉

昔はよく交わされていた、隣近所との声のかけあいと助けあい。それはお互いに境界を作らず、オープンに暮らしを楽しんでいたから。
『グリーンヴィレッジ若杉』は豊かな緑と開放的な空間構成で人とつながることが楽しくなるまちづくりをコンセプトにしています。
これからの毎日を豊かに過ごせるようなまちに、あなたも暮らしませんか?

space construction

空間構成へのこだわり

オープンライン
point-1

オープンライン

各住戸の境を、視界をさえぎる塀や壁ではなく、人ひとりが通れるくらいの細い小道で表現しています。いわば透明な隣家との境です。自分の庭も隣家の庭もまちの景色のひとつとして愛でる気持ちを楽しみ、交流へとつながってほしいという願いを込めています。

フットパス
point-2

フットパス

まちの中と外をつなぐように設けた歩行者専用道です。歩道内にはカンツバキやキンモクセイなどを植え、まるで林の中へ散策するような風景を演出。小松市産の滝ヶ原石も彩りよく配しました。通路としての活用と、そぞろ歩きとしての楽しみもできる小道です。

みんなの公園
point-3

みんなの公園

『グリーンヴィレッジ若杉』だけでなく隣接する地域にも開放された、まさしく〈みんなの公園〉です。シイノキやモッコク、カシノキなど大きな樹木を植え、ゆったりとくつろぐ場所のひとつとしています。まち全体で日本の節句を楽しめるように鯉のぼりを飾るポールスタンドを設置、樹々や芝の息吹を感じながらくつろげる憩いの公園です。

BBQテラス
point-4

BBQテラス

ひとつの桜を囲むようにアウトドアスペースを設置。春には花見を楽しみながら、まちの人々が集まってバーベキューを楽しめます。ほかに大小の花が咲く樹々を植えており、夏でも屋外の交流に華を添えます。また、テラス内には餅つきができる石製の臼もあります。

ゆるやかにつながる曲線道路(6m幅)
point-5

ゆるやかにつながる曲線道路(6m幅)

『グリーンヴィレッジ若杉』内の車道を、あたたかな色で舗装して景観の調和を大切にしました。高級感と穏やかさを演出すると同時に、アスファルト特有の強い照り返しも大幅カット。また、三つ辻を車道とは少し異なる色を配することで、目で見える安全面にも配慮しています。

バードバス
point-6

バードバス

ティンバードテラスの外構をはじめ、まちの中にバードバスを3ヵ所設置。まちに訪れる小鳥たちが水を飲んだり水浴びができるように、ボウルの底は浅めです。四季折々のバードウォッチングや小鳥のさえずりが癒しを演出し、心を豊かにしてくれます。

ナレッジプレート
point-7

ナレッジプレート

二十四節気を解説する立体のプレートです。フットパスをはじめ、まちのあちこちに合計24個設置しています。四季よりさらに細かく、情緒豊かに季節を表現する二十四節気にふれ、学ぶことで、ふだんの生活に溶け込んでいる日本固有の言葉とそこに込められた季節への思いを楽しめます。

ティンバードテラス
point-8

ティンバードテラス

まちのランドマークとなるCLTの集合住宅です。ティンバードテラスに住む人はもちろん、まちの戸建てに住む人も近隣に住む人も自由に集まり、四季を感じながらくつろげるよう、庭にはカツラやモミの木を植え、交流スペースを備えています。1階中央部分は通り抜けが可能で、みんなの公園とバーベキューテラスをつないでいます。

landscape designer

ランドスケープデザイナー

株式会社 スタジオ ゲンクマガイ

株式会社 スタジオ ゲンクマガイ

熊谷 玄 GEN KUMAGAI
1973年横浜生まれ。株式会社スタジオゲンクマガイ代表。
ランドスケープデザインを中心に、さまざまなデザインに携わる。

「三井アウトレットパーク木更津」(2014)、「MUFGグローバルラーニングセンター」(2015/神奈川建築コンクール最優秀賞)
のランドスケープを手がけるほか、「南万騎が原駅前広場」(2016/グッドデザイン賞)や「左近山ダンチパーク」(2017)
などのプロジェクトを通して、街のにぎわいづくりに意欲を燃やす。
https://stgk.jp/JP

overview

グリーンヴィレッジ若杉 概要

所在地
小松市若杉町レ3-1外 MAPで見る
全体面積
7,393.93㎡(2,236.66坪)
有効宅地面積
4942.03㎡(1494.87坪)
区画数
全20区画
地域
市街化区域/準工業地域
建ぺい率
60%
容積率
200%
施設
電気/北陸電力 水道/公営水道 下水/合併処理浄化槽
施設負担金
40万円/1区画
教育施設
第一小学校(徒歩 約27分)  芦城中学校(自転車 約20分)
交通
八幡バス停より徒歩7分、小松ICより車で18分、JR小松駅より車で12分
商業施設
マルエー若杉店より車で3分、イオン小松より車で5分、バロー小松東店より車で4分
医療施設
やわたメディカルセンターより車で3分
売主
株式会社梶谷建設 [宅建免許番号 石川県知事(3)第3718号] 建設業 石川(特-28)第8857号
一級建築士事務所 石川 第12030号

グリーンヴィレッジ若杉についてのお問い合わせは
下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

TIMBERED TERRACE

ティンバードテラス

TIMBERED TERRACE
「家づくり」から「まちづくり」へ。

どこにもないような賃貸マンション
TIMBERED TERRACE

グリーンヴィレッジ若杉の構想とほぼ同時に、生まれた、ティンバードテラス。
グリーンヴィレッジ若杉のコンセプト「人々とのつながりが自然とできるまちづくり」を具現化した集合住宅です。
新しい素材(CLT)を挑戦的に使用し、通常難しいとされる、木造3階建を実現し、2017年にはグッドデザイン賞を受賞致しました。
各部屋は、すべて角部屋かつ3方向から採光がとれ、ゆったりとった共有部や大きく飛び出したテラスは、居住者同士のコミュニティを育む場としても活用できます。

designer

集合住宅ティンバードテラスの建築家

株式会社 SALHAUS

株式会社 SALHAUS

安原幹 / 栃澤麻利 / 日野雅司の三名が共に山本理顕設計工場を経て、SALHAUSを共同設立。
設計活動と平行し、大学での教育活動やグッドデザイン賞審査員などを精力的に行っている。
http://salhaus.com/

ティンバードテラスについてのお問い合わせは
下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

property information

物件情報

ainoki project

あいのき おうち プロジェクト

あいのき おうち プロジェクト
「家づくり」から「まちづくり」へ。

あらゆる世代の方におすすめの土地
白山市相木分譲地

JR松任駅まで歩いて行ける相木に2区画の分譲地があります。目の前には保育園があり、近くにはスーパー、ホームセンター、銀行、薬局など。生活するにはとっても恵まれた環境です。
子育て世代の方から定年退職されたシニアの方まで、あらゆる世代の方におすすめできる土地です。
予算が不安、という方もお気軽にご相談ください。住んでからも無理のない資金計画をいっしょに考えましょう。

あいのき おうち プロジェクトについてのお問い合わせは
下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

property information

物件情報

contact

お問い合わせ

モデルハウスのご見学・新築完成内見会のご見学のご予約を下記にて承っております。
また、オンライン見学・ご相談も可能です。お気軽にご相談ください。

icon-iphone

This website is not designed to be viewed with a tablet in landscape orientation.
Please turn the screen back to vertical to view it.

このウェブサイトはタブレットを横向きにしての閲覧に対応していません。
画面を縦に戻し閲覧してください。