自然素材の家づくり

 自然素材の家 リビング

わたしたちのお勧めする「家」は、自然にある素材でつくりたいと思っています。

工業製品にはない「本物」だから出る風合いの良さがありますし、家に入った瞬間の香りが全く違います。私たちの作った家に見学にいらっしゃるお客様のお子様が、「このおうち臭くない~。木のいいニオイするね!」と言って下さることもあります。

もちろん、シックハウスやアレルギーに悩まれている方や小さいお子様にもお勧めできます。

 


無垢の床材

無垢の床材というとお手入れや耐久性の面で、躊躇される方もおいでますが、無垢の床材には、合板フローリングにはない良さがあります。

  • 肌触りが柔らかく、気持ちがいい。

感覚的な良さなりますが、私たちが作った家にお住まいのお子様は、冬でも裸足で駆け回り、床でゴロンと寝転がって遊んでいるのを見かけます。

子供は無意識に気持ちの良いところを見つけ、くつろぐのが上手です。本物の木の感触が足の裏から伝わる気持ちの良さは、子供達の情緒的な発育にとてもいいと言われています。

  • 梅雨の時期でもベタベタしない

合板のフローリングなどは、どうしても梅雨の時期などは湿気でベタベタしたりしがちでないでしょうか。

無垢の床材は、そういった湿気を吸湿し、梅雨でもサラリとした感触で過ごせます。 

  • お手入れは意外と簡単

普段のお掃除は、一般的な床材と変わりません。クイックルワイパーや掃除機などでお掃除されるだけです。気になったところだけほうき掃きされるのもいいですよね。

水や食べ物などで汚れたとしても、雑巾等で拭き取っていただくだけですぐ落ちます。艶を長持ちさせたいという方には、自然由来のワックスをお勧めすることもあります。

傷がついてしまった場合は、濡れた布巾にアイロンをあてると、だいたいの傷は戻ります。合板フローリングでは出来ない、無垢材の特性を生かした方法です。

自然素材の家 無垢の床自然素材の家 床に寝転がる無垢の床 お手入れ

 

無垢材と言っても様々な種類があります。私たちがお勧めする中で多いものが、下記の種類です。

 

杉:柔らかく、肌触りが気持ちいい。使用する部分で白い部分と赤みのある部分がある。材料ごとのバラツキがおかしくないか、ひとつひとつ材料を見て施工しています。

無垢の床材 杉 桧:杉と同様、肌触りが良く気持ちがいい。色は、木目があまり目立たず、すっきりとした印象です。そして良い香りが長く続くのが良い所です。 無垢の床材 桧

 

 


無垢材の室内建具

室内の建具は、国産の無垢材すべて建具職人が手仕事で作るオリジナルです。既製品には無い味わいがあり、使い込むほどにさらに味わいも増します。

自然素材の家 室内建具無垢の室内建具

 


っくい(漆喰)塗り壁

 漆喰は、石灰を原料とし、海草のりなどを混ぜて塗りやすくしたものです。自然にあるものだけで出来ている素材を、左官職人が手仕事で仕上げていくというのもビニールクロスにはない風合いの良さが出てきます。

 しっくい塗り壁の良さ

  •  調湿作用  湿気を吸湿し、結露やカビなどを防いでくれます。
  •  消臭効果  生活臭を吸収してくれるので、防臭効果があります。
  •  ホルムアルデヒドを分解 アレルギーの原因となるホルムアルデヒドを吸着し、分解してくれます。

自然素材の家 漆喰の塗り壁

 


和紙

天井の仕上げなどには、和紙張りをお勧めしています。和紙の原料は山林に生える楮(こうぞ)三椏(みつまた)、雁皮(がんぴ)といった天然植物。通気性が良く、調湿効果もあります。

色柄の種類も多く、和室やトイレなど一部分にアクセントカラーに張るのもお勧めです。

 自然素材の家 和紙

 


 

ページトップへ