四季の家

四季の家 エアパス工法

木のぬくもりと気持ちの良い空気感の「家」。

“四季の家”は、自然素材とエアパス工法を採用した「家」です。

“四季の家”のデザインベースとしているのは、古くから建てられてきた伝統的な家屋のデザインです。自然素材である木を用い、深い軒の出た屋根を架け、大きな窓のある開放的な住まいは、高温多湿な日本にあって快適性と耐久性をもたらしてくれました。

 

今日の家づくりでは、多種多様な建材から色や形、素材を自由に選べます。しかし、良い家の骨格をなすデザインの基本は変わるものではありません。表面だけを飾り立てず、自然の木など本物の素材をありのままに見せる。そんなデザインは、私たちの感性にもしっくり馴染みます。

”四季の家“のデザインのベースにあるのは和のデザインですが、お客様のご希望に合わせて、北欧家具に合うデザインやシンプルモダンな「家」も可能です。

 

シンプルモダンエアパス工法 和風の家シンプルモダンな家


四季の家 3つの要素

1.エアパス工法

壁体内に空気を循環させ、夏は涼しく、冬は暖かい。自然の力を生かして、健康・快適に暮らす、衣替えする家。

詳しくはこちら→エアパス工法

エアパス工法 イラスト
2.自然素材

ビニールクロスや新建材を使わず、しっくい壁と無垢材を使用した、住む人と環境にやさしい家。
詳しくはこちら→自然素材

 自然素材
 3.国産材使用
土台は、石川県の県木である能登ヒバを使用。能登ヒバにはヒノキチオールが沢山含まれています。また、梁や構造材には“赤松”を使用。松は、松ヤニが出ると言われていますが、このヤニが粘りを強め強度を強めてくれます。

 


四季の家 標準仕様

コンクリートベタ打ち基礎
コンクリートベタ打ち基礎

基礎の立ち上がりだけでなく、底板一面が鉄筋コンクリートになっています。地面をコンクリートで覆うので、地面から上がってくる湿気を防ぎ、シロアリの新入を防ぎます。

エアパス 断熱材
高性能断熱材を採用

“ポリスチレンフォームSIH”
ポリスチレンフォームSIHは有害物質が発生しにくい断熱材です。地球温暖化の主犯格といわれる代替フロンなどの発泡剤を使用しません。また、65%以上のリサイクル実績がある、省資源にも貢献するエコロジーな部材です。

MOISS 耐力壁
自然素材の耐力壁

“MOISS(モイス)”
MOISSの主原料はバーミキュライトという天然の粘土鉱物。湿度を自在に調節し、有害物質を吸着・分解。耐久強度はMDFを上回ります。100%リサイクル可能で土に還すこともできる、いま注目の素材です。

深い軒の出
深い軒の出と小庇

軒を深く出すことや小庇をつけることによって、雨風から建物を守り、夏の日差しを遮ってくれます

空気
広がり間取り

出来るだけ部屋の間に仕切りを設けず、廊下などを極力省いた間取りです。仕切りがないことによって、空調設備の効率が良く、家全体の温度差がなく快適に過ごせます。

漆喰塗の壁
漆喰塗りの壁

漆喰は、石灰を原料とし、海草のりなどを混ぜて塗りやすくしたものです。
自然にあるものだけで出来ている素材を、左官職人が͡コテなどを使って仕事で仕上げた壁です。
ビニールクロスにはない風合いの良さが出てきます。

無垢の室内建具
無垢材の室内建具

すべて建具職人が手仕事で仕上げたオリジナル。 格子のデザインやガラスなどにこだわったデザインなど、他にはないこだわりがあります。

玄関手摺
オリジナルの階段や玄関手摺

既製品にはない、デザインと温もり感。使い込むほどに愛着がわきます。

 


 「四季の家」の標準仕様について書かれた資料がございます
資料請求ページよりご請求ください

資料請求はこちら

 

ページトップへ