スタッフブログ

平成最後の節分

沢田 貞 自己紹介へ
2019/02/03(日) ALL日々のこと営業部沢田 貞
  • 2月3日は節分です

「節分」と聞くと、2月3日だけがイメージされがちですが、季節の始まりを示す立春、立夏、立秋、立冬の前日は、いずれも節分なんですねぇ~。

 

 昔は、魔物(まもの・悪いこと)は季節の変わり目に出やすいと考えられていた様です。

 今の様な豆まきの風習は、穀物や果物に邪気を追い払う力があって、豆をまくことで邪気を払い福を呼び込むと考えられ、元々お隣の中国から伝わった儀式です。

 

節分の鬼

人の心に住んでいる「怒ったり欲張ったり意地悪をする」そんな悪い心を外に出すために『鬼は外』と言い、この一年間、病気などに掛からず、無事に過ごせることを願って『福は内』と言います。

   
     
   

 

節分の恵方巻

そしてこの日に食べると縁起がよいとされる太巻き寿司の恵方巻きです。元々は、恵方(幸運を招く方角)を向いて太巻きをマルカブリする関西地方の風習です。

   

 

〇「食べ終わるまで口を利いてはなりません」は、この風習には「福を巻き込む」という意味があります。

〇また、包丁を入れないで食べるのは「縁を切らない」という意味が込められています。

 ※スーパーやコンビニ各社の恵方巻き商戦を巡り、大量廃棄が問題となっています。売れ残った恵方巻はリサイクルに回されず、ほとんどが焼却処分されていると聞きますが、これを受けてコンビニ大手では、食物残渣の対策として恵方巻きのサイズを小さくしているようです。

 

  • そして2月4日は立春です

立春

 

 

「旧暦の一年のはじまり 厳しい寒さがおわり 少しずつ春の足音がきこえます」

  二月四日-二月十八日頃

 これは、グリーンヴィレッジ若杉に設置されている「ナレッジプレート」の原文です。

ナレッジプレート 立春

 

グリーンヴィレッジ若杉では“こよみとくらす”をテーマに、移ろう季節を感じる仕掛けとして、四季をさらに細かく分けた二十四節気を示す九谷焼の陶板を、観音下石に敷き込み、様々な樹木とともにちりばめられています。

 

四季のある日本ならではの節句の行事で暮らしを彩り、地域のコミュニティを大切にした

新しい街「グリーンヴィレッジ若杉」を、訪れてみませんか…

記事一覧

1ページ (全17ページ中)

ページトップへ