スタッフブログ

金沢城鼠多門橋復元工事を見てきました!

梶谷 恭子 自己紹介へ

石川県ハウジングスクールで、金沢城鼠多門橋の復元工事を見てきました。

玉泉院丸と尾山神社を結ぶ、城郭景観に配慮した外観でした。

驚いたことは3つあります。

 

一つ目は側壁石垣を遣構し、戸室石を再び使用していたこと。

 戸室石

 

二つ目は橋の高欄・床材は能登ひば材、内部は国産の尺上の欅・松を使用してあったこと。

 橋の高欄・床板

 

そして三つ目は鉛瓦葺を使用していることで、他のお城ではないそうです。

 鉛瓦葺

 

来年のオリンピック前に仕上がるそうですが、外壁のしっくい塗りを見に行きたいです。

記事一覧

1ページ (全21ページ中)

ページトップへ