スタッフブログ

太陽の塔

清水 美佳 自己紹介へ

先日、家族で「太陽の塔」を見に行ってきました!

昨年から内部見学が再開し、いつか見てみたいと思っていました。

我が家の子供たちもびじゅチューン↓

(Eテレで放送していた井上涼さんのシュールな音楽と映像の番組)を観て、

我が家の憧れの場所になりつつあった「太陽の塔」。

せっかく行くなら中も見たい!と内部見学もなんとか予約がとれ、気合十分!

万博記念公園に入ると、

目の前にそびえ立つ「太陽の塔」。

写真では伝わりきらないですが、想像以上に大きい!!

 

そして、横から見るとダイナミックな凹凸感!

 

そして、歴史を感じさせる風化具合!

 

家族全員「かっちょええ~!」を連呼していました(笑)

 

外側を十分に見て回った後は、内部見学。

内部に入るとすぐ、幻の第四の顔を再現した展示がお出迎え。

けっこうおどろおどろしい音楽と映像が流れているのですが、

子供達も怖がらず、真剣な表情で見入っていました。

そして、さらに進むと、胎内のような赤い空間に「生命の樹」の展示。

生命の樹には、生命の進化を表した生物模型がたくさんあり、

アメーバから三葉虫、恐竜、てっぺんには、クロマニョン人の模型が

樹に絡み合って展示されています。

万博当時と同じBGMが流れ、なんとも言えない不思議な空間でした。

 

万博当時は、内部はエスカレーターで見学されていたようですが、

現在は、階段が懸けられています。

(私たちは、4歳児がいるのもあり、エレベーターで上り、見学しました。)

見学出来るのは、太陽の塔の両腕の下(地上30mまで)

かなり高い所まで上り、てっぺんまで来たような感覚でしたが、

まだ40mあるなんて、ただただ太陽の塔のスケールに驚きました!

万博当時は、腕の部分にエスカレーターがあり、外に出られるような

構造になっていたそう。それまたすごい。

 

50年前に作られた「太陽の塔」。

岡本太郎氏の熱く独創的な思想と、それに応えた建築技術に本当に感動しました!

 

太陽の塔内部見学の予約は、人気で、なかなかとれにくいですが、

見る価値はあるかと思います。

万博記念公園内には、ららぽーとやニフレルなど子供達が

楽しめる施設が沢山ありますので、夏休みのお出かけに

足を運んではいかがでしょうか?

  

娘がお土産で買ったキーホルダーとコップのフチ「太陽の塔」逆立ちver。

ちっちゃいとなんだかかわいいです。

記事一覧

1ページ (全21ページ中)

ページトップへ