スタッフブログ

薪ストーブの火入れ

清水 美佳 自己紹介へ
2019/11/22(金) 日々のことALL清水 美佳総務部

先日、グリーンヴィレッジ若杉の2軒のモデルハウスにある

薪ストーブに火入れを行いました。

薪ストーブを納入頂いたBSAの社長夫人さんにお越し頂き、

(本当に美しい炎の番人さんなんです!!)

それぞれの薪ストーブの詳しい使い方を教えて頂きました。

薪ストーブとひとことで言っても、メーカーや機種は沢山あるので、

それぞれ特徴や使い方は異なるもの。

まず、若杉モデルハウスの薪ストーブは、

Nectre ピキャンオーブン。

ネクター ピキャンオーブン

2段構造のクッキング仕様の薪ストーブ。

下段は、オーブンのように使え、グラタンやピザなどを

楽しめます。(ピザは、上段の直火のほうパリッとおいしく焼けるらしいですが...)

上部の天板では、直火のお料理もできる、多機能な薪ストーブです。

toiroモデルハウスの薪ストーブは、JOTUL F305。

シンプルなデザインながら、炎のゆらめきがダイナミックに

楽しめるストーブ。

ヨツール F305

今まで、火のつけ方が見よう見まねで、失敗することも

あったのですが、最初の薪の置き方や薪の足すタイミング、

火を見て、空気を調整する方法など、本当にためになりました。

ログラック組立中

薪をストックするログラックも組立中。

薪ストーブライフは、お道具もいろいろと揃えるのが楽しみだったりしますよね。

週末の気温の低い日は、グリーンヴィレッジ若杉のモデルハウスの

薪ストーブに火を焚いて皆様のお越しをお待ち申し上げております♩

薪ストーブのあったかさ、炎のゆらめきを見ていると、

きっとその場を離れたくなくなると思います♡

記事一覧

1ページ (全21ページ中)

ページトップへ