スタッフブログ

こんにちは、製材部です。

 

製材部では、日々いろいろな木材の加工をしています。

今回は新築中のお客様の、テーブルの天板を加工しました。

栗の材料です。

 

栗のテーブル テーブル断面

これは、2枚の栗の板を耳(皮)の部分を落とし、

加工して貼り合わせているんですよ。

どこで繋いでいるか分かりますか?

上から見たら目を凝らしても、

なかなか見分けがつきません。

横から見てやっとここらへんかな?っていうぐらい・・・

(修行不足です。ごめんなさい・・)

 

こうやって何枚もつなぎ合わせたものを、

ハギ材といいます。

毎回思うのですが、

こうした職人さんの技術にはいつも感服させられます。

我々素人からしたら尊敬しかありません。

 

この栗のテーブルは今から塗装をして、

アイアンの脚を取り付けて完成です。

新築の栗のフロアにとても良く合うと思います。

 

余談になりますが、

栗は広葉樹で、材質は堅くて重硬で

キズ等が付きにくい素材です。

一般に「堅木」と呼ばれています。

反対に杉や桧は針葉樹で、

材質は柔らかくて加工がしやすく、

肌触りに温かみがあります。

 

梶谷製材所では、このようにいろいろな素材を扱っています。

是非、梶谷建設のモデルハウスや内見会で、ご覧になって、体感してみて下さいね。

記事一覧

1ページ (全27ページ中)

ページトップへ